代表者挨拶

食品業界研究会のホームページを開いていただき有難うございました。

中小企業診断士で構成する私たちの研究会は「食」にかかわる企業の経営全般について支援することを目的としています。

私たちが支援の対象とする食品業界は、生鮮食品を供給する農畜産業や水産業などの第一次産業、それらを原材料として加工食品を供給する食品加工業などの第二次産業、そして第三次産業として消費者や製造業者に商品やサービスを提供する卸売業、小売業、外食産業などです。

また、他の産業と共通する一般的な経営課題の他に安全、健康、嗜好など顧客の満足や信頼を確保するための食品特有の管理、開発テーマも支援の対象としています。

以上のような広範な業種、経営課題に対して、より効果的に対応して企業の成長・発展に寄与すべく、各種食品産業において多様な業務の経験を持つ中小企業診断士が情報交流や調査研究などを行っています。

なお、研究会では、随時分科会を設置して、より専門分野の研究を行っています。また、会員のコンサルティング能力の向上を図るため、当研究会が開発した診断ツールを活用した、より実践的な実務従事ポイント付きの分科会活動なども実施しています。

 

企業や組織の皆様で食品業界研究会による経営支援や講師派遣をご希望される場合は、このホームページの「お問合せ」に内容をご記入の上、ご連絡いただきますようお願いします。

また、中小企業診断士で食品業界研究会に入会を希望される方は「入会案内」をご確認ください。多くの方のご入会をお待ちしています。

 

一般社団法人 東京都中小企業診断士協会 認定

 食品業界研究会 代表 磯部 典久