食品業界研究会 会則

 

(名称)

1     本会は、「一般社団法人 東京都中小企業診断士協会 食品業界研究会」と称する。

 

(目的)

2     本会は、食品業界の企業経営に関する各種研究の実施、会員相互の資質の向上ならびにそれを用いた経営改善の支援・提案を目的とする。

 

(事業)

3     本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.    研究会、講習会等の開催に関すること

2. 食品業界の企業経営に係る課題等の解決に向けた支援・提案に関すること

3. 食品業界の企業経営に係る課題等の解決に向けた支援・提案技術の向上に関すること

4. 食品業界に係る情報収集に関すること

5. その他本会の目的達成に必要な事項

 

(会員)

4      本会は、第2条の目的に賛同する、一般社団法人東京都中小企業診断士協会(以下東京協会という)に所属する中小企業診断士等をもって組織し、会員は目的達成に協力するものとする。なお、東京協会に所属していない中小企業診断士は研究会に入会できない。

2   中小企業診断士試験合格者で中小企業診断士登録未了の個人であっても、一般社団法人東京都中小企業診断士協会の準会員であれば、本会の準会員として加入することができる。

3  他の士業や専門性のある民間コンサルタント等も、幹事会における承認をもって研究会に入会することができる。

当会に対する貢献度が極めて大きな会員については、幹事会における承認をもって名誉会員に認定することができる。名誉会員については会費を免除する。

 

5     本会に入会を希望するものは、所定の申込書に必要事項を記入し、本会会長に申し込むものとする。

 

6     会員の会費は、年6,000(半年3,000)とする。

2   ただし、事業の種類によっては、参加費を徴収する場合がある。

 

7     会員が退会する場合は、本会会長に通知するものとする。

 

 

(役員)

8  本会には、役員として会長と幹事数名を置く。

2  会長は、本会を代表する。

3  本会には運営担当幹事1名、会計担当幹事1名、広報担当幹事1名を置く。

4  幹事は会長を補佐し、必要に応じて、これを代理する。

(会議)

9     本会の会議体として幹事会を設ける。

2   幹事会は会長および幹事をもって構成する。

3   幹事会は会長が必要と認めたとき、または幹事の過半数が必要と認めた時に開催する。

4 幹事会の招集は会長または会長指名幹事が行う。

 

10   幹事会は次の事項を審議決定する。

1.    役員の交替、選任に関する事項

2.    重要な活動に関する事項

3.    会計に関する事項

4.    会則の変更に関する事項

5.    その他、本会の運営に関する重要な事項

 

 (会則の変更)

11   本会会則の変更は、幹事会の承認を得なければならない。

 

(付則)

施 行    この会則は、201291日から施行する。

改 定  201711日 

 

以上