食品業界研究会のご案内

代表者:磯部典久 

運営担当:田中敏夫

会員・会計担当:高橋順一

1995年から活動している研究会で、会員の方々の食品製造業のみならず農業から食品小売業までを対象とした幅広い中小企業者の経営支援に応えられる診断スキル、知識及び技術の向上を図ると共に実践することを目的としています。

現在、食品業界研究会は次のような活動を行っています。

(1)月例研究会を原則毎月第2水曜日に、会員の研究成果の発表及び外部講師を招いての勉強会を

行なっており、例会終了後は情報交換会(懇親会)を開催しています。また、食品関連工場の見学会や雑誌寄稿なども実施しています。

(2)当研究会では、随時分科会を設置して、より専門分野の研究を行っています。また、会員のコンサルティング能力の向上を図るため、当研究会が開発した診断ツールを活用した、より実践的な実務従事ポイント付きの分科会活動なども実施しています。

現在活動中の分科会概要

【食品製造業信頼性評価基準研究】

中小の食品製造業を対象に、当研究会が作成した「信頼性評価基準」を活用して企業を診断し、提案や支援を行うとともに、メンバーの診断スキルの向上を図る。

※実務ポイント付き

【海外進出研究分科会】

東アジアおよび東南アジアに進出した食品製造業の事例研究(制度研究、実態調査と分析)を実施し、海外進出支援が可能なスキルの獲得と支援の実践を目指す。

東京の食品製造業研究分科会】

東京都内の食品製造業者には小規模事業所ながら、業歴の長い企業が多く、中には江戸時代からの伝統を引き継ぐ企業が多く見受けられる。このような東京の食品製造業の研究を行い、これらの企業の将来に向けた発展と経営の向上を支援する。

【農商工連携(6次産業化)研究分科会】

農商工連携(6次産業化)に関する企業支援を行うための、各種知識や診断スキルの向上、人的ネットワークの形成などを図る。

食品業界研究会紹介パンフレット

食品業界研究会紹介PPT.pdf
PDFファイル 780.3 KB
研究会紹介(食品業界研究会).pdf
PDFファイル 670.8 KB

食品業界研究会(AFRI)の2016年度の重点活動計画

1.食品業界の最新動向研究と発表

外部講師や会員による食品業界の最新動向についての研究報告を行い、会員の保有知識並びに企業支援、助言の能力向上を図る。例会については、より高度な知識習得等のため、外部専門家講師による講演を取り入れる。

 

2.分科会活動の実施

   K市にあるK社子会社レストランの経営診断及び支援を実施する。・・・実務ポイント付き

② 「台湾進出食品製造業の現地視察研究」を実施する

③  東京都内の食品製造販売業の調査研究を実施する。

④  6次産業化現場(K市の農家レストラン)の視察研究を実施する。

 

3.企業見学

食品企業の見学会を実施し、会員の知見を深める。

 

4.執筆

 「食品業界研究会」の知名度アップのため、積極的な執筆活動を実施する。